FC2ブログ

心がときめく瞬間の作り方

animalhospitalkeiei

浅沼です。
出張先のホテルの部屋が寒かったので、エアコンをつけたら
疲れ果てて、うっかりそのまま寝てしまいました。

翌朝、起きるとのどが痛い・・・

しっかりと風邪をひきました。
というわけで、ドラッグストアに風邪薬を買いに行ったのですが、
その時の1コマです。

店員さん
「お大事にどうぞ。
これ、よかったらのど飴(1個です)なんですがどうぞ」

「?!」
813752d4d7cc6365c60ac0c6f5e53093_t.jpeg


思いがけないタイミングで、思いがけないプレゼントをもらうと、
ちょっとしたものであっても 人間、うれしさで心がときめいてしまうものです。

タイトル回収!

しかし・・・

マーケティング的に考えて、こののど飴にはいったいどれほどの効果があるのだろうか??

風邪をひいていて、風邪を治したいと思っている自分は、
風邪薬を買っているので、すでに用は事足りている。

まぁ、のどが乾燥した時にでもなめておこう。

くらいのものです。

たしかに、予想していなかったタイミングで突然のプレゼントだったので、
一瞬 うれしいなー という感情にはなりました。

しかし、だからといって、

次もこのお店で買い物をしよう!

となるかといわれると、そこまではいかない。
(何%かのお客様は、固定客になる人もいるのでしょうか?)

のど飴をなめて、のどの調子が超絶良くなったとしても、
包み紙なんてすぐ捨てちゃうので、後でそののど飴を買おうにも、どの商品だったのかもわからない。


となると、こののど飴は、お店側からしたら経費の無駄になってしまうわけです。
※業者から新商品の紹介ってことでもらいものならノーコストですが。

そもそも、こののど飴プレゼントの効果測定はどうやるのでしょうか?


ということで、販促物について考えさせられる1コマでした。
その販促物本当に効果あるの?


それといまだによく見かけるのが、

●●を購入してくれた方に、粗品をプレゼント

なんてキャンペーンやってるところがありますが、
いい加減

粗品


って表現はやめませんか?

物があふれて、皆そこそこ裕福な日本で、そんな

粗末な品


をお客様に渡すんですか?
事務作業としてとりあえず、

粗品選びました はい、どうぞ
感が漂うキャッチフレーズに感じます。

販促物として渡すものが結果的に粗品であってもいいのですが、


生活に役立つ当店からの選りすぐりの一品

とか言い方を変えるだけでも、お客さんのワクワク感は段違いになるような気がします。

ちょっとしたことですが、自分の周りの人たちをちょっとでも幸せに、
ちょっとでもワクワクした気持ちにさせるためには、どうしたらいいのか?

考えていきたいと思います。
スポンサーサイト
Posted byanimalhospitalkeiei

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply